PR | サンフランシスコ留学に行くには

一流の通訳者に話を聞くとたいてい多読を勧められます。翻訳ならまだしも、通訳の仕事と多読がどう関係してくるのかと思う方が多いのではないでしょうか。私も最初は多読が重要と聞いてびっくりしました。しかしよく考えてみるとここには重要な理由があります。ここでいわれる多読とは、日本語で書かれた本と外国語で書かれた本を読むことの両方をさします。

 

まず外国語で書かれた本を多読することの重要性ですが、これは様々な言い回しを自分のなかにストックしていくという役割を果たします。こんな言い回しをするのかと発見しそれを覚えていくには、本をたくさん読むのがもっとも効率的なのです。また日本語の本を多読することも重要です。これは相手のバックグラウンドを共有するためです。

 

例えば相手が何らかの専門家である場合、その専門分野についてどの程度知っているかによって通訳の難易度は大きく変わってきます。自分の知っている分野なら聞き取れるし話せるという経験をしたことのある人は多いはずです。日常生活ではあまり問題ないかもしれませんが、通訳をする際には自分が言った言葉は相手にその通りには伝わらないと思っておいた方が良いのかもしれません。

 

例えば英語を通訳する際には、その英語の感覚というか、ニュアンスは通訳する側はわかっています。ですが、それを他言語にして介したとたん、その微妙な感覚というのは失われてしまうことも多いです。それは相手に説明することで理解が深まりますが、それをいちいち毎回説明していると通訳にはなりません。スムーズな会話ができるように心がけることが通訳の仕事なので、その塩梅が難しいと思います。よって、端的であり、かつ相手の言っていることが正確に伝わるような言葉を瞬時に選ぶという頭の回転の速さが必要になってきます。

 

だから、時には「あの時この言葉を使えば良かったのではないか」と、後になって色々思うこともあります。後悔しても遅いのですが、この後悔をしないような人は訓練してきたのだなと思います。このように多読で知識量を増やしておけば、外国人の話に対応することがそれだけ容易になるのです。

PR|生命保険の口コミ.COM|SEOアクセスアップ相互リンク集|クレジットカードの即日発行じゃけん|女性向けエステ.com|英語上達の秘訣|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|英語上達の秘訣|内職 アルバイト|住宅リフォーム総合情報|工務店向け集客ノウハウ|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|マーケティング経営研究.net