仕事で外国の方の対応が必要な部署になり、早急に英語の習得が必要になりました。まずは、週に一度の英会話クラスに通いましたが、これだけでは早急な英会話の上達には間に合いませんでした。そこで外国の方と触れ合える場所はないかと調べてみると、いくつかの日本語をボランティアで教えている団体がありました。そこでは英語圏の方だけではありませんでしたが、だいたいの方が英語が話せる方が日本にいらしていました。そこで一つの団体に連絡をして所属し、日本語講師の勉強を始めました。そこは英語で日本語を教えるのではなく、日本語で日本語を教える授業法でしたから、授業中は沢山英語を話す事は出来ませんでしたが、授業の合間や、終わった後に、次の授業の約束など、英語をお互いの共通語として話す事はよくありました。サバイバルイングリッシュで乗り切る度胸もつきました。なんとか通じるものだと。また、パーティーや旅行などの企画もあり、自然と英語に触れる機会は増えて、結果、英語上達につながりました。