これまでの人生で計2回語学留学を体験しました(うち、1回は大学の交換留学プログラムですから、正確に言えば、語学学校に通っていただけではないのですが)。そして思ったことはと言えば、「日本人だけでかたまりすぎ!」ということですね。

いや、私も他人のことを言えることではないのですが、とにかくまあ日本人同士でかたまっていますので、日本語ばかり話しているように思うのです。もちろん、授業では英語でのやりとりをするのですが、でも普段の会話で日本語ばかり使っていては、せっかくの海外生活なのに意味がないようにも思うのですよね。だって第一の目的は、英語の上達だと思いますから。

確かに、外国人に話しかけるよりも、日本人に話しかける方が話しやすいということはあると思うんです。けれど、語学学校に通う人ってフレンドリーな人が多い印象ですし、もっと積極的に話していいと思うのですが、とかく日本人は日本人同士でたまりがちですから、なんか勿体無いなぁと思ったわけです。